プロスタッフ今月のオススメタックル 写真をクリックすると拡大します

←3月のオススメタックル
プロスタッフ紹介へ
1月のオススメタックル→

柳浦秀貴 2月のオススメタックル(ベイト)

柳浦秀貴2月のオススメタックル(ベイト)

いよいよ本格的な雪のシーズンになりました。
水温も5℃以下を切る日が多いと思います。こうなるとバスは本当に釣りにくくなってしまいます。
しかしそのぶん厳しい時期は出ればデカイという楽しみもあります。
基本としてはルアーをメチャクチャ早く動かすリアクションか、
メチャクチャ遅い食わせかのメリハリを付けなければなりません。
ベイト編はリアクション狙いの釣りを紹介。定番ですがメタル系をおすすめします。
釣り方は先月と変わりませんが
ディープスペシャル(FECO対応)は縦の動き、フラッピンソニックの様なメタルバイブは横方向に広く探ってみるのがいいと思います。
このような釣りの場合は軽くて少し張りのあるステージSTB700MH ・ STB604MH のようなロッドが適しています。

柳浦秀貴 2月のオススメタックル(スピニング)

柳浦秀貴2月のオススメタックル(スピニング)

スピニング編は食わせ重視の釣りになるのでなるべくルアーの移動が少ないリグがいいと思います。
こんな時はダウンショットでもよいのですが今回はジグヘッドを使ったインチワッキーをお薦めします。
ウエイトは1/32〜1/16ozにストレート系のワームをワッキー掛けにして使います。
使うシチュエーションとしてはある程度魚が固まっているところやハードボトムのエリアを見つけておくことが前提です。
なるべくルアーが移動しないようラインスラッグを利用してシェイクしてみてください。
あとフォーミュラを使用するとより効果的です。
寒い中での忍耐の釣りになりますので ステージSTS604FLのような
軽量かつ高感度な先調子のロッドを使うと疲れませんし簡単にシェイクする事ができます。

池田信彦 2月のオススメタックル(ベイト)

池田信彦2月のオススメタックル(ベイト)

シャローカバーのヤル気のあるデカバス狙いのセレクトです。
撃ち難い濃いカバーの場合は、チューブワームをセレクトしてやり手数で勝負。
比較的入れやすい薄いカバーならこの時期最も反応しやすいクロー&ホッグ系ルアーをチョイスしたテキサスで、
ロングシェイクしてやってゆっくり誘ってやりましょう。
中でもフラッピンホグJrは、水を掻き混ぜる強烈な腕を持ったワームなのでオススメです!
私の新年初バスをもたらしてくれた頼れるワームです。
また、TAV-GP69CMHJ はテキサスリグ専用設計とも言えるロッドで、
バイトを弾かない喰わせのソフトティップを持ちながらも
デカバスとのやり取りは、テクナ素材によるパワーで楽々です。フッキングしたら飛んできますよ(笑)

池田信彦 2月のオススメタックル(スピニング)

池田信彦2月のオススメタックル(スピニング)

スピニング編は、食わせを徹底的に意識したセレクトです。
細いライン、細軸フック、軽量シンカーは、バイトチャンスを増やし、
食わせのソフトティップを持つTAV-GP62SULJ なら不意に来たデカバスとのやり取りも簡単です。
ワームに関しては基本的に、3インチクラスのものなら何でも良いのですが
ゲーリー素材で出来たシルクワームは、良く飛び良く水を押してくれる・・と言う点で、
魚を探す効果も期待できるのでオススメです。
後、リーダーの長さは魚のレンジに出来るだけ合わせてやるのがキモで、更にバイト数を増やしてやる事が出来ます。
この時期なら、基本的に遠投する場合は40センチ程度のロングリーダー。
近距離ならショートリーダーからスタートしてやるのが王道です。
ボトムちょい上!がヒットゾーンになることが多いです。

千葉潤一 2月のオススメタックル(ベイト)

千葉潤一2月のオススメタックル(ベイト)

ミドルレンジをスローに尚且つリアクションも混ぜて広い範囲を探るのは7〜10gのテキサスリグですね!
ホッグタイプの3インチのワームを使ってバイトがあれば、
載せるフッキングよりも掛けるフッキングを心掛ける事が大事な様な気がしますね!
下手にバイトがあっても待っているとすぐに吐き出してしまう事が多いので
そんな時には電撃フッキングが可能な軽くてシャープなロッドを使う事ですね!
テムジンエアードライバーはテキサスリグの電撃フッキングを可能とするロッドですね!
ストラクチャを乗り越えて着底した瞬間の短いバイトを取るのは難しいですけど楽しいですよ!

千葉潤一 2月のオススメタックル(スピニング)

千葉潤一2月のオススメタックル(スピニング)

2月の前半は完全に冬の釣りですけど、
2月後半になって暖かい日が続けば不思議な位にバスがディープエリアからミドルレンジに差して来ますね!
狙うポイントはズバリシャローフラットとディープ隣接のブレイクですね!
この時期からは威力を発揮するのがジグヘッドワッキーですね!
1.3gを基本にズル引きに近いシェイクをしながら広範囲に探って行きますね!

黒杉哲雄 2月のオススメタックル(ベイト)

黒杉哲雄2月のオススメタックル(ベイト)

このシーズンになると体力のある個体はディープからフィーディングにあがる為、
シャローの条件の良いピンスポット(レイダウンやカバー)に居ます。
その体力のあるビッグを手にする為のセレクトですよ。
今だからこそ。シャローゲームなんですよね。
低水温だからこそバクアンツ3インチなんですよね。

黒杉哲雄 2月のオススメタックル(スピニング)

黒杉哲雄2月のオススメタックル(スピニング)

ベイト編でのレイダウンに居るビッグにスイッチを入れて食わせ込めるタックルがコレですよ。
ハイブリッドバキュームの吸い込みの良さを理解した上でのセレクトですよ。
ザグ・ステック・ミノーはロールテイストなナチュラルミノーなんでこの時期のバスには。。たまらないベイトですよ。
レイダウンのすき間から彼が見てる事を想定してのセレクトです。

宇野堅二 2月のオススメタックル(ベイト)

宇野堅二2月のオススメタックル(ベイト)

2月は1年の中で一番厳しい時期です。
やっぱり水深の深い所が水温も安定しているので、大半の魚はディープに居ます。
そういう魚を反射的に口を使わすメタルバイブをオススメします。深い所を素早くチェック出来るので四方八方ブン投げてください。ブッ飛ぶのでストレス解消にもなります。ラインはサンラインの『スーパーFCスナイパー』の10lbを使います。細い方がストレスなく操作出来るので10lbぐらいがオススメです!!!

宇野堅二 2月のオススメタックル(スピニング)

宇野堅二2月のオススメタックル(スピニング)

2月のスピニングのオススメはダウンショットです。
一級ポイントではハナからダウンショットを投入してみましょう。
やっぱりコレに尽きます、なんと言っても止めれるのがいい!
自分が思うココのココっていうポイントで
ワームだけを微妙に揺らすぐらいのテンションでシェイクしたりキープしてやる誘いかたがいいでしょう。
ラインはサンラインの『FCスナイパーBMS』の3lbがオススメです。
細くても冬のデカバスだったら3lb穫れると思います。ゴボウ抜きは無理ですけど!

塩見友広 2月のオススメタックル(ベイト)

塩見友広2月のオススメタックル(ベイト)

今年は8年振りの大雪に続き、11年振りの2度目の大雪と、
予想外に水温低下の条件が1月下旬から2月にかけて続いています。
例年でも2月にバスを釣る事は至難の事です。
そんな時は、出来るだけ新しい情報で、一番釣れている場所やエリアに行く事!
そして、普通に釣りをして釣れなければリアクションの釣りです。
条件は…陸ッパリなら、フラットランドレイク(標高の出来るだけ低い雪解けが入りにくい湖、池、川)で、
水温の安定する場所に鮒、鯉、ブルーギル…などの他の魚が溜まる場所が良いと思います。
ボート釣りなら魚探をフル活用し、他の魚が多くて、身を寄せれるロックなどがあるスポット周辺を、
メリハリのあるルアーで釣って行きます。
釣り方は… ロック周りをフットボールで軽く引っ掛けて外しのハングアップに続き…
鉄板バイブやメタルジグでゴリゴリブルブルと、根気よく頑張って釣りをする事です!

塩見友広 2月のオススメタックル(スピニング)

塩見友広2月のオススメタックル(スピニング)

スピニングタックルは1月版のタックルを試してダメなら…
小型ジグヘッドで砂底、泥底の中にある硬いリップラップを探して集中的にハングアップの釣りをすると良いでしょう。
シャッドプラグでは、立木群や立て壁にタイトにポンプリトリーブやトゥイッチングで釣って行くと良いと思います。

本堂靖尚 2月のオススメタックル(ベイトその1)

本堂靖尚2月のオススメタックル(ベイトその1)

今時季のカバーはなかなか釣れません。しかし条件次第ではいい思いができますよ!
1)風があたりにくく、陽がよくあたるカバー
2)晴れた日の12時以降
3)よく動くワームでのアプローチ
この3つの条件がそろっていれば、あとはロングシェイク&ステイでバイトが得られます。
もちろんボートでもオカッパリでもこのセッティングがベストです(^_^)

本堂靖尚 2月のオススメタックル(ベイトその2)

本堂靖尚2月のオススメタックル(ベイトその2)

今時季の定番!そして無くてはならないルアー!!
ワームでは釣れなくて、しかも特に狙い場所が分からない時こそ出番です。
オカッパリなら1/4を動きがわかるスピードで巻きます。
肝はスナップの位置をシッポ側の一番後ろにする事!これで野池のバスはイチコロですъ( ゜ー^)

本堂靖尚 2月のオススメタックル(スピニングその1)

本堂靖尚2月のオススメタックル(スピニングその1)

これまた今時季の定番で無くてはならないルアー!
基本的にレンジによって使い分けします。
1mならスースレ、1,5mならスピンムーブ、2mならスーキラ。
どれか一つを選ぶなら全てのレンジを狙えるスーキラですね!
どのシャッドでも同じですが僕の場合、2回トゥイッチ&ステイが基本です。
ここで一番肝心なのはリズムです。
なので自分に合ったリズムをつかむためにシャッドで釣りに行きましょう(o^∇^o)ノ

本堂靖尚 2月のオススメタックル(スピニングその2)

本堂靖尚2月のオススメタックル(スピニングその2)

インチヘアリーは普通のジグヘッドにしてのシェイク。
これだけで釣れます!ソルトカラーでも釣れるので試してみて下さいネъ( ゜ー^)
ほんとはシークレットにしておきたかったアクションゲイラのジグヘッドワッキー!!
肝はホッグ系の形にカットして真ん中の突起部分に人がストレッチしているよにセッティングする事!
もちろん生分解でも釣れますよ。
この説明で分からない方は”HONDOガイド”までヽ(*^^*)ノ

守屋明斉 2月のオススメタックル(ベイト)

守屋明斉2月のオススメタックル(ベイト)

2月のおススメ、ベイト編はフットボールです!
この時期のキーとなるハードボトムを探すのに、遠投に優れ、深場まで素早く沈み、底質がよくわかるので、
今の時期のサーチベイトとして、とてもおススメです。
使い方は底をとって、ズル引き、ボトムバンプ、リフト&フォールと、
いろいろな使い方ができるのもこのリグのいい所です。
ウェイトは狙う水深や根掛かりの度合いによって変えていくといいと思います。
ある程度、いい底質が絞れたら、集魚剤をかけたりして、そこを重点的にじっくり攻めてみましょう。
なんせ、この時期は水温が低いので小石の1つ1つを感じるくらいに「丁寧に、丁寧に!」
を心がけてやっていくといいと思います。

守屋明斉 2月のオススメタックル(スピニング)

守屋明斉2月のオススメタックル(スピニング)

スピニング編では、ベイト編のフットボールで探した、いいハードボトムで反応が得られなかった場合、
フォローで自分の得意なライトリグを入れてみましょう!
より食わせの方向で丁寧に誘うと、フットボールでは食わなかったバスが反応するかもしれません。
そしてもう1つが、この時期の定番、スパーキラービル等のサスペンドシャッドを使った釣りです。
シャローにフィーディングに上がってきたバスに対して、とてもおススメです。
この場合、シャローといっても、ただのシャローではなく
越冬場からあまり体力を使わずにフィーディングに上がれるシャロー、
簡単にいうと「深場に近い浅場」を狙っていくのがセオリーです!
使い方で一般的なのは、底まで潜らせてトゥイッチング&ポーズですが
トゥイッチのリズムや強弱、ポーズの時間などは、その日の活性によっていろいろ試してみるといいと思います。
いずれにしても、この時期は釣りにくいので、釣れない時ほど「丁寧に!」と、1つの動作のあとにしっかり「止める!」という事をすることによって、冬の貴重な1匹に出会える確率が増えると思います!